公益財団法人「加藤庸子国際基金」は、海外も含め脳神経外科医療の発展・成長を目的とする財団です。

ご挨拶

加藤庸子からのご挨拶(一期一会を大切に患者の心に寄り添う母のような医師でありたい。)

アジアやアフリカには、脳外科医が全くいない国がいくつもあり、まともな治療を受けられない患者さんが沢山います。そういう国では、整形外科医や看護師が見よう見まねで脳外科手術をしています。私はそこへ赴き、教えながら手術するという活動を20年以上、年7~8回は出かけています。

このように世界を見ていると、手を差し伸べるべき地域や人々がまだ沢山あります。今までの活動を私のライフワークとして継続していくために、一人でも多くの優秀な脳外科医を世界中で育成していき、後世に渡って技術を伝授していくことが私の使命と感じております。病を患っている患者様には一分一秒が貴重です。立ち止まってはいられません。一人でも多くの患者様を救うために、どうかご支援よろしくお願いいたします。

In this world, we still see some Asian or African countries where there are no neurosurgeons. In these countries, many patients lack chances to be offered with appropriate treatments and are likely to have brain surgeries by orthopedists or nurses based upon imitated approaches. I have visited these areas and provided hands-on trainings seven or eight times every year over 20 years.

There are still many areas or people who deserve to benefit by better medical care.  I’ve been working on all along the matters related to neurosurgery; bringing neurosurgery to every corner of the world is my life’s work.  What can I do in order to carry out my life’s work? I will train more neurosurgeons, I will teach my operation skills to those who have high ambitions, and I will make neurosurgery equal to everyone in this world.  We can not waste even a second for these patients.

 

 

▶加藤庸子国際基金について詳しくはこちらをご覧ください。

加藤庸子プロフィール

名古屋市生まれ

現在

専門

くも膜下出血・脳動脈瘤・脳動静脈奇形

学歴

資格など

職 歴

賞罰


▶加藤庸子 TV放映集

お問い合せ先はこちら

TEL:052-982-8238 FAX:052-982-8128

お問い合せ

このページの先頭へ